11月のタロット 竜神カード

  • 2014.11.04 Tuesday
  • 22:16


おしゃべりたまちゃんずで話題になった「竜神カード」
著者 七海 虹
イラスト 秋田CHAL


発行 VOCE

このイラストを描いた人のブログを探したが・・・ない

見つからない・・・

でも「そうかなぁ?」なんて人は見つけたが、やっぱりよくわからない

わざと判らないようにしているのか・・・
そうでないのか・・憶測をめぐらすしかないが

この人のほかの作品、もっとみたいーーーーーー!!

と・・・思うタロットカードの絵の作家さんて・・結構いるのですが・・・

なかなか・・・見つからない事が多い

この秋田CHALさんがほかにどんな作品を描くのか・・かなり興味をそそられている

(記 白たま)






 

2013年9月のおしゃべりたまちゃんず

  • 2013.09.03 Tuesday
  • 21:52

 あーもう9月になっちまった

で・・・また・・ラジオ聴きながら、ブログを書いているわけで・・・・ははは・・・

今回,話のネタに使ったタロットは水木しげるの「妖怪タロットカード」

「隠者」と「運命の輪」


なんかこの隠者のおっちゃんかわいいよね



こちらの運命の輪は・・また・・すこぶる・・キモかわいい

今までに使用したカードをあげてみると

クリムト ゴールデンタロット
これキレイなんだけど

なぜか・・頭が痛くなる

次回10月は「ルノルマンカード」



さて・・ラジオはじまった・・聞くか

8/6放送日にかいているわけだ・・・・

  • 2013.08.06 Tuesday
  • 21:23
 さて・・・8月放送分のタロット内容の関連ブログを・・・収録後に書こうとおもったが

へへ・・・今頃、放送聞きながら・・・つまり・・放送終了後・・・「あれーーー??何喋ったっけ??」

と・・・寄る年波に負けて・・・忘れたわけだ(オイ!!アカンだろそれ!!

はい・・・8月分初回放送を聞きながら・・・書いているわけです。

今回は、玉ちゃんがお休みだったので、新メンバー「隊長タツヤ」君にお手伝いしていただきました。

お題は・・・「力・STRENGTH」「戦車・THE CHARIOT」

力と戦車

これが2枚が揃った人物像ってどんな人間?
なんて話をしていたわけですが

話の流れで、なぜかこれは「白たま」ブルドーザーのことだ・・・と言う話になり

ぶ・・・ブルドーザーって・・・・・・おいっ!


力のカードはプラスの意味では、精神力・忍耐・自己抑制

戦車のカードは、主導権・アクティブ・奮闘などなど

よく言えば力強く、強い意志の力・・なんて読めないことも無いが・・・ぶっちゃけ
人生経験が少ないと、若気の至り・・・

人生経験を上手く消化して底力にして、腹が据わったおばちゃんだったら・・・頼りになるかな・・・なんて思いますが

人間、良い時も悪い時もあるものなので

メンタル落ちたり、行き詰ったりすると、カードのマイナス面も出てきて、強引・わがまま・弱気・トラブル、などなど・・・実に困ったチャンになる可能性も大いにあるわけです。

ちなみに・・・この「力」のカードの女性のコラージュ元はこれじゃないかと


Ambrogio Bergognone
アンブロージョ・ボルゴニョーネ・・・と読むのかなぁ・・・
14世紀から15世紀のイタリアの作家のものらしい(フレスコ画)

「アレクサンドリアの聖カタリナ」とある。

キリスト教における殉教の乙女との伝説らしいが、拷問を受けて惨殺されたとも様々な説があり、実在の人物なのかはたまた架空なのか、後世に脚色されたのか・・・調べていくと

よく分からなくなる
4世紀のアレクサンドリアに生まれ、キリスト教が迫害を受けていた時代に、知性と美貌を持ち、キリスト教に改宗し、殉死しその後聖人となった・・・と資料にある

意志の強さ・精神力の強さ・・・と言う意味では「力」のカードのモデルになったのかも知れない


聖カタリナは様々画家が、題材にして描かれているが、このカタリナは色合いと風味が上品で深みがあるように私は思う。

こんな上品なブルドーザーだったら、世の男性は皆、ササッと道を開けてくれるのだろうか?

既に、おばちゃんとなってしまった「白たまブルドーザー」には、遠い世界の話だ

(記 白たま)

ダリ タロット

  • 2013.03.30 Saturday
  • 10:14


このコーナーでは、番組の「おしゃべりたまちゃんず」で話のネタになった「タロット」について書いていきます。

主に、カードの絵柄の製作者について調べたものや、使ってみた感想などを述べていきます。

あくまで・・個人的な感想なのでカードの良し悪しを、論議するものではありません。

占い好きな「おばちゃん」の平凡なコーナーと思ってくださいな。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

TAROT UNIVERSAL DALI(ダリ タロット)

2013年2月放送
ダリ タロット


TAROT UNIVERSAL DALI(ダリ タロット)
枚数 78枚(大アルカナ22枚、小アルカナ56枚)
サイズ 140mm×78mm
 

概要
シュールレアリスムの大家で自らを天才と称した芸術家、サルバドール・ダリ。彼のデザインによるダリタロット。
78枚のうち56枚の小アルカナは、コラージュ作品と思われます。1枚1枚全てダリの手描きではないようですが、コラージュも作品と考えれば、全てダリの手によって制作されたカードといえないことはない・・・。
(コラージュ作品をオリジナル作品と捉えるかは、此処の認識の差異があるかと)

カードの側面は金色に彩色され、ゴージャスであります。
1984年にダリ80歳の誕生日を記念して出版されたといわれています。

ダリの作品こちら

「記憶の固執」美術の教科書に乗っていたような記憶が・・・

本名 :サルバドール・フェリーペ・イ・ハシント・ダリ
1904年5月11日生まれ〜1989年1月23日死亡(享年84歳)
出生地:スペイン、カタルーニャ地方、フィゲーラス市
埋葬地:フィゲーラス市ダリ劇場美術館内
妻:ガラ(本名:エレーナ・ディミトリエヴァナ・ディアコノワ)
父:サルバドール・ダリ・イ・クーシ
母:ドーニャ・フェリパ・ドメ・ドメネク
妹:アナ・マリア


ダリといえば、妻のガラ・ダリ(Gala Dali 1894〜1982)の存在が大きいといわれています。彼女をモデルにした作品も多くあります

ガラさん、こんな人です

どっちかつーと「男前」の顔かなぁ・・・ダリにとっては美の女神だったそうですが・・・うーーん・・・。まぁ、好みは人それぞれ。
彼女をモデルにした作品はこんな感じ

ポルト・リガトの聖母
(1950年)油彩 275.3×209.8cm

ダリタロットを使用した感じは・・・うーん
結構疲れるかなぁ
絵柄のインパクトが強いので、実践用・・と言うより「観賞用」かもしれません。

クリムトのタロットより頭が痛くならないから・・・そっちよりはいいかもしれない

オカルティズムに詳しい、ガラからのインスピレーションの援助があったとかなかったとか・・・本当のところはわかりませんが、女帝のカードのモデルはガラだな・・・と。

しかも、普及版のライダーウェイトタロットの女帝と比べると、かなり厳しい感じの「女帝」になっております。(左 ダリタロット  右 ライダーウェイト)
 
有名名画・彫刻などを、コラージュしているので、誰の作品をコラージュに使っているのか・・・探すのも楽しいかもしれません。

小アルカナは、大アルカナに比べると、遊び心がたっぷり
コレを手抜きととるか、遊びととるか・・・個人的には遊びと、私は捉えたい・・。

さて・・次回はどのタロットを料理しようかな

クリムトにしようかな、ボッティチェリにしようかな・・・いやいや水木しげるの「妖怪タロット」にしようかな
うっふふ〜



ちなみにダリの晩年最後の作品


実にあっさりしていて、好きな作品の一つです



(記 白たま)

 

 

 


      


 

GOLDEN TAROT

  • 2013.03.27 Wednesday
  • 09:57
 このコーナーでは、番組の「おしゃべりたまちゃんず」で話のネタになった「タロット」について書いていきます。

主に、カードの絵柄の製作者について調べたものや、使ってみた感想などを述べていきます。

あくまで・・個人的な感想なのでカードの良し悪しを、論議するものではありません。

占い好きな「おばちゃん」の平凡なコーナーと思ってくださいな。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2013年4月放送分

4月は、白たま愛用「GOLDEN TAROT」(ゴールデン タロット)
GORUDEN TAROT
さて・・・・Lucky2の既に3回目の収録を終え・・相変わらず「未熟全開」のおしゃべりと流れになっておりますが・・・ま・・1年もすれば「なんとかなるじゃろ」

みたいな「白たま」と「たまちゃん」です。

今回のゴールデンタロット・・調べれば調べるほど手間暇掛かったタロット化と思います。

「GOLDEN TAROT」(ゴールデン タロット)概要
Kat Blackの手により、12世紀から15世紀の中世の歴史的な絵画をCGで合成し製作されたタロット。紀のヨーロッパ中世絵画。
カードの縁は全面ゴールドに加工され、豪華で芸術的なデッキになっている。オール絵札。英文198ページブックレット付き。しっかりした豪華紙箱入り。78枚 サイズ〔123×72〕       [アメリカ ・ U.S.GAMES社製]


と、ものの本やネットに書いてありまして、英文の説明書198ページのうち、77ページ分が、このカードに使用された絵画の作者と作品の概要であります。

1枚の絵札に4枚から7.8枚の中世絵画の分部が、デジタルコラージュされているわけで、
一つ一つの作家を調べていくと・・・これまた膨大な情報量

英語が得意でない私は、パソコンの翻訳に頼りながら、毎回1枚ずつカードに使われている作者を探しているわけですが・・・・まともに調べたら・・図書館通い詰めても・・・1.2年かかりそうな感じです。

ちなみに4月放送分でお話している「THE MAGICIAN」



中央のマジシャンに見立てられた人物画と動物は
マスター・バートラム(c.1345–c.1415)というドイツの
ゴシック画家の作品の一部が使われています
この、マジシャンのカードだけで、10作品の宗教絵画が使われているわけです


ちなみに・・・「マジシャン」の人物原画がこちら
マスター・バートラム 祭壇飾りの一部

中央、上部の聖人像と動物達が使用されています
「グラボー祭壇飾りの一部」と資料にあるので、宗教的な施設の一部であったと思われます。

この原画には「マジシャンのカード」にあるテーブルがないので、このテーブルやナイフ・コインなどの小物もそれぞれに、他の絵画からの抜粋になるわけです


テーブルとつぼはこの作品から持ってきているような気がします
作品、左下の4つの水差しを、画像で反転して、4つのうち3つを消しているとおもわれる・・・・
ドンだけ、手をかけれいるんじゃーーー


ドゥッチョ(c。1255-1260−c。〜 1318-1319) イタリア.Siena(トスカーナ)で生まれ.カナの結婚式」1308-11。木のパネルのテンペラ画。Museo dell'Operaデル大教会堂、Siena、イタリア

もうね・・・・調べれば、調べるほど

えーーーー!!って感じ。

製作者のKat Blackさん・・・脱帽

なんていいながら・・・5月放送分「女教皇」のカードの資料をまた調べだしたアタス・・・

お・・・おもろい

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

今月のゲスト

白たま  (シラタマ)

腰がすべり症で、左ひざが捻挫 毎日リハビリじゃーーー ついでに小指も骨折 まじかーー

今日のみかん

只今子育て奮闘中。9ヶ月になったぞ!

今日の玉ちゃん

4年間ありがとー。たまには遊びに来てね

今日のカメ子

たのしもー、じんせいを

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM