神谷恒行(日本画)

  • 2017.09.18 Monday
  • 18:01

神谷恒行・かみやつねゆき(日本画)・・・安城市
2017年9月19日26日放送

神谷さんは、白たまが地元でのデッサン会とデッサン展を開催していたときに、マメに参加
していただきました。デッサン力があって、親しみやすくて、毎年いただく年賀状はおちゃめ感
満載。当時は人物デッサンとクロッキーしか見たことがなかったので、大きな展覧会に入選された
作品をはじめて見て、「どっしゃー!神谷さんグレート」と思わず会場で呟いて、赤面した記憶が・・・

その時の作品はこれ

 

(第44回日展(2012年) 廃墟の島へ)

 

150号以上あったかな、モノクロの画面は「銀箔」の上から墨で描いたと聞いたとのは後日談。
当時は、画面の不思議な輝きに「どーやって描いたんだ?」と会場でひたすら首をひねっていた

プロフィール

 

作品

(安城市買い上げ作品)

 

仝什澆粒萋鮎況
日本画グループ「游の会」(13名)所属・代表
年1回・4月 定期会展(18回)
1月新春展 画材アート・ワン(安城市)
安城市文化協会美術展 選抜・文人展
日展 新春展


▲◆璽謄ストとして歩み出したきっかけ
日本画を間近に見たときの、岩絵の具が持つ宝石のようなきらめきに見せられたのがきっかけ
平成8年 日展会友の成田満喜子先生に師事
それ以前から、各地の古い町並みなどをスケッチして回っていました
(竹ペンにインク・墨。透明水彩で軽く彩色)

(古都の雨上がり・・・現場に2.3時間張り付いて描くそうです)

 作品作りにこだわっていること
「うまい」と感心されるのではなく、「いいね」と観た人と感動を共有したい
従来の日本画の概念や枠にとらわれない、自由な発想を心がけています。
というか・・・基本を知らない(笑)時に繊細、また時に大胆な自己表現
また、生活観・人の息づかい も大切にしています
人の住んでいない廃墟もです


だ作日数
日展の150号クラスで大体2ヶ月(本来なら3ヶ月必要)
50号で1ヶ月 小品なら数日〜1、2週間
とにかく、締め切りに追い立てられ尻に火がつかないと完成しません
作家みたいですが、学生時代から連綿と続いている、一夜漬け習慣からいまだに抜け切れていない
体力・集中力、いかに自分のうちにあるものを一気に燃え上がらせるか、プレッシャーが原動力になっています


 ゲ荳爐亮鑪
麻紙(和紙)絹は使わない。時に「絹目アートクロス」というポリエステル使用
箔(金・銀・黒 )腐食剤としてイオウ(ムトウハップ)
岩絵の具(一般的に鉱石の粒子)をニカワで接着
水干絵の具・墨汁 その他色鉛筆・パステルなど


 Δ桓身にとってアートとは
まず美とは、自分の心=魂を揺り動かされるもの。
自分の感動無いものに、他人を感動させることは出来ない。その感動・自己表現が「アート」
美しさを受け取る感性・能力を磨いていきたいと思います


Ш8紊慮津検ε戸会予定
10月 日展出品
○○展
個展の予定はまったくありません
額がないので、とっかえひっかえ使い回ししてますので一堂に見せられない悲しい

 

 おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

今回から、ゲストさんセレクトで流した曲名上げていきます

ゲストセレクト 1曲目 KING CRIMSON(キングクリムゾン) 「エピタフ/EPITAPH」

        2曲目(ゲストトーク中BGM) GARY MOORE(ゲイリー・ムーア) 

                               「STILL GOT」THE BLUES/スティル ゴット ザ ブルース」

 

豚神谷さん、ロック聞きながら作品描かれるんですね。普段はジャズやクラッシックギターがお好きとのこと

製作中の音楽と、普段聞く音楽が違うんですね。興味深い

今後のご活躍楽しみです。楽しい年賀状も毎年お待ちしとりまーす

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年9月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
9月19日 26日(再放送)

10月ゲストは10月に行われる第2回「○○展/おーえんてん」

の舞台裏話など

 

 

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

田口友里衣(現代美術作家)

  • 2017.09.18 Monday
  • 02:00

田口友里衣・たぐちゆりえ(現代美術作家)・・・豊川市
2017年9月19日26日放送

 

ギャラリー hase/2017年8月個展より

 

ギャラリーや古い建物の中の「押しピン」や「虫食い」「セロテープ」などの
「何かの跡」に一づつ付箋を張り、誰かの、いつかの何かの「痕跡」をすくい取っていく

固定したガラス玉の刻々とうつりゆく「影」を鉛筆で写し取っていく

かつて、私もあなたも座ったであろう、小学校の机や椅子
無数についた「傷」に付箋を張れば、いつの間にやら通り過ぎた時間はカラフルな色合いを見せ
具現化する

ギャラリー hase/2017年8月個展より)

見えない時  通り過ぎた時間  彼女の作品は見えない時間の可視化なのかも知れない

そして・・・こんな作品作る人はどんな人だろうと・・・
お会いした田口さんは、すらりとしたおしゃれな方

 

いやー・・「天は二物を与えない」といいますが、彼女の場合は・・・違うな

美しさと才能の両そろえおてんき

しかしながら、お話を聴いていると、彼女の芯の中に「トロ火のように燃え続ける炎」が見え隠れして
クールビューティー熱いね!

次はどんな作品が産まれるのか、ドキドキ楽しみであります。
 
<プロフィール> 
田口 友里衣 Yurie Taguchi 
HP:http://taionglass.halfmoon.jp 
ガラス造形作家 Contemporary Glass Artist     
愛知県生まれ 
 
2007  名古屋芸術大学美術学部造形科工芸(ガラス)コース卒業 
 
2015「here or there –曖昧な存在を証明する行為–」アートエイジギャラリー(豊橋)個展 
 
2016「アーツチャレンジ2016」愛知県芸術文化センター11階回路(名古屋)公募展 
 
2016「here or there -過ぎてゆく日々-」ギャルリーくさ笛(名古屋)個展 
 
2016「ギャラリー矢田パートナーシップ<Next>#4 ―見えないものをみる力―」 
名古屋市民ギャラリー矢田(名古屋) 
2016「箱舟」高野山真言宗普門寺(豊橋)グループ展 
 
2017  the International Workshop of Visual Arts and Artists’ Meeting in Poland(ポーランド)レジデンス 
 
掲載本:芸術批評誌REAR38号レビュー掲載 他 
 
受賞     
 
2007  名古屋芸術大学卒業制作展 優秀賞 
 
2011  ジャパンランプワークソサエティ第6回公募展入選 
 
2016  アーツチャレンジ2016 入選  他 

 

作品


 田口さん質問状 
仝什澆粒萋鮎況 
2〜3か月毎に展示をしています。個展もあればグループ展の場合もあります。 
ほとんどがありがたいことに企画展として声をかけて頂きますが、公募展にもできるだけチャレンジしています。 
 
▲◆璽謄ストとして歩み出したきっかけ 
昔から美術が好きでした。好きなことで仕事になればいいなと思って美術系の仕事を意識しました。 
高校3年生の時によこはまトリエンナーレの存在を知り、現代美術を雑誌越しに知りました。 
仕事にすることを思えばデザインや教育、工芸の方が現実的だったのかもしれませんが、ファインアートについて 
学びたい気持ちが強くなり、名古屋芸術大学に進学しました 
 
 作品作りにこだわっていること 
コンセプトです。それによってコンセプト重視でビジュアル的に魅力のないものになってしまわないように注意して 
いますが、自分ではまだ引き算が下手だなと反省することが多いです。 
あと、他人からすればくだらないとかばかばかしいなってことを続けたいと思っています。 
影を描き続けるとか、附箋を貼るとか。誰でもできるような大したことないことをとにかくやり続けたいです。 
 
だ作日数 
影をトレースする作品は1日の太陽の出ている時間です。 
ただ下地を作ったりをいれるともっと長いです。何枚も一気に作るのですが、先日は10枚の下地に3日くらいかかりました。 
オブジェ的な作品はもっと時間がかかりますが・・・2週間~1か月とかが多いです。他の作品と同時進行が多いです。 
現場で作ることが多いので、搬入に丸5日かけた作品とかもあります。 
 
 ゲ荳爐亮鑪 
主にガラスです。あとは現場にあるものとか使いたいと思っています。 
 
 Δ桓身にとってアートとは 
なくても生きていけるものですが、アートを続けてきたから経験できたこと、出会えた人がいるので、 
これがなければ私の人生はこんなに豊かになってはいなかったと思います。 
 
Ш8紊慮津検ε戸会予定 
12月7日からファン・デ・ナゴヤ美術展という名古屋市文化事業団の企画公募に企画者兼作家として出ます。

  
2018年からはその巡回展を瀬戸で。その後、東京でグループ展の予定もあります。

 

 おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

今回から、ゲストさんセレクトで流した曲名上げていきます

ゲストセレクト 1曲目 和太鼓 志多ら アルバムより

        2曲目(ゲストトーク中BGM) 岡山知憲 アルバムより 

豚田口さんが描いた、ガラス玉のドローイングに、岡山さんが曲をつける・・なんて素敵なコラボ!

音楽とアートは相性いいねぇ。なんておもう今日この頃

今度はどんな所で作品展をするのかな?

楽しみです。ぴかぴかぴかぴかぴかぴか

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年9月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
9月19日 26日(再放送)

10月ゲストは10月に行われる第2回「○○展/おーえんてん」

の舞台裏話など

 

 

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

#田口友里衣 #ガラス#glass


HP  Yurie-glass
http://taionglass.halfmoon.jp/

画家・色彩の匠 家原利明 

  • 2017.08.04 Friday
  • 11:53

 

家原利明(いえはらとしあき)/画家・・・名古屋市

2017年8月15日放送・再放送 2017年8月22日

22:00〜23:00 pitchFM83.8(インターネット・スマホでも聞けます) 

市民チャレンジゾーン ラジオ「Lucky2/ラッキーラッキー」

 

8月のゲストは画家「家原利明」さん。いつも個性的で鮮やかな服装は

家原さんの作品に通じるものがあります。

今回は、こんな感じ。デザイナーズブランドか?と思いきや

「大須でおばちゃんたちに混ざって買ってます」びっくりびっくりびっくり

まじすか・・でも、なんか似合ってるラブ

同じものを、白たまがきると・・・たぶん、どっぷり「おばちゃん」豚豚

 

とても柔らかい物腰の家原さん、初めてお会いしたのが

今年の「第2回 ○○展/おーえんてん」の打ち合わせ会場。

作品とプロフィール写真が、強烈過ぎて「こ、コワイかなぁ」

なんて思っていましたが、とてもとても物腰の柔らかい

紳士な方でございました。

「家原岐阜証明写真S」/2015年

岐阜《家原美術館2015》時に撮影した肖像。

(家原美術館というのは家原さんの作品展名称です)

 

家原さんは10月に始まる第2回「○○展/おーえん展」〜パティオ入会地ギャラリー展

(知立市文化会館 パテイオ池鯉鮒 2Fギャラリー)出品作家さんです。
作品はとてもカラフルで個性的。「家原美術館」という名目で行われる作品展は、古い

薬局や廃屋、古民家などを会場とし鮮やかな色彩と共に展開していきます。
 作品はこちら「iehara  toshiaki 家 原 利 明」
極彩色の彩と私小説のような語り口のブログは、1冊の短編集を読んでいるようです。

ラジオを聞きながら読んでみるのもお勧めです
ブログ「 日進月歩の亀がごとく」

 

プロフィール

家原利明(いえはらとしあき)/画家
1974年11月19日生まれ

専門学校を卒業後、ディスプレイ制作会社、広告代理店勤務を経て、制作活動を始める。
2006年から2013年まで専門学校の非常勤講師として勤務。
2009年、常滑市での滞在制作を皮切りに、《家原美術館》などの展覧会を開催。

略歴)
2009年:常滑フィールド・トリップ(常滑市)
2010年:Ginga『色鉛筆で描きました』展(岐阜市)、Brazil Coffee『伯剌西爾コーヒー』展(名古屋市)
2011年:music salon HALO『色鉛筆とぼく』展(あま市)
2012年:文化のみち橦木館『家原美術館』(名古屋市)
2013年:有松・旧山田薬局『家原美術館2013』(名古屋市)
2014年:gallery ten(千葉市)、ハートフィールドギャラリー/グループ展(名古屋市)/gallery blanka(名古屋市)
2015年:『家原美術館2015』(岐阜市)、愛知県美術館/グループ展(名古屋市)
2016年:K.Art Studio『家原利明展覧会2016春』
2017年:レクトヴァーソギャラリー(東京)、三岸節子記念美術館・グループ展(一宮市)

 

作品

 

 

「橦木館000」/2012年、文化のみち橦木館で開催した

《家原美術館》の告知物。故・家原健三郎(祖父)の肖像。

 

「山田薬局123_2」/2013年、名古屋市、有松にある「旧山田薬局」

で開催した《家原美術館2013》のようす、外観。

 

「家美_000」/2015年、岐阜市で開催した《家原美術館2015》のようす、内観。

 

・「心のなかに住む動物_S」/一宮市「かとうファミリークリニック」さんのご依頼

で描いた作品。(縦40×横70僉9臠張僖優襪某П筆)

 

仝什澆粒萋鮎況
お客さまからご依頼をいただいて絵を描いたりしながら、年に1、2回は展覧会を開催または参加
できるよう、日々を過ごしております。

 

▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ

小さいころから絵を描くのは好きでした。大きくなっても、絵は描いていました。
それでも、「絵」を生業にする気持ちはなかったのですが、ある先輩作家さんに作品を見てもらっ
たとき、「家原くん。やるんなら、腹くくりなよ」というひと言に自分が恥ずかしくなり、この道
でやっていこうと決意しました。

豚ラジオの中でもお話していたのですが、「腹くくりなよ」という言葉に素直に反応してこの道に

進むという気持ちが真摯だねぇ

 

作品作りにこだわっていること
むずかしいことは考えず、できるだけ「無」の状態で、たのしんで制作することを心がけています。

 

だ什酘数
展覧会の空間づくりなどは、長いもので数カ月から1年近くの準備・制作期間を費やすこともありま
すが。絵画作品においては、描きはじめると集中・没頭する質なので、どちらかと言えば数日間で制
作する「短期集中型」だと思います。

 

ゲ荳爐亮鑪
油彩、アクリル、水彩などいろいろと使ってきましたが、色鉛筆での描画が自分に合っているように
思います。現在はエナメル塗料にも興味があります。

 

Δ桓身にとってアートとは?
心のなかにある何かを揺すぶり、わくわくどきどきさせるもの。

豚ラジオの中で、「アートは有益な無駄」と言う言葉に、ものすごーーーく頷いてしまった、豚白たまと鳥鳥居君

確かに、アートって 無くても良いものだけど、存在することの意味は、人それぞれに十分あるのだと思うのだよ

ここ、もっとお話したかった

 

Ш8紊粒萋依縦
10月の「○○展」が終わったら、来年、どこかいい場所を見つけて《家原美術館》を開催したいと思
っています。

豚お待ちしとりまーす
おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

今回から、ゲストさんセレクトで流した曲名上げていきます

ゲストセレクト 1曲目 ヤプース「大天使のように」

        2曲目 小山ルミ「孤独の街角」

豚小山ルミとは懐かしい。(小柳ルミ子とちゃうじょー)

子どものころ、真似してあそんでいたんよー。しかし、家原さん私より

遥かに若いのに・・・なぜ?

レトロ好きの家原さん・・あぁ・・昭和もレトロになっていくんだなぁ

今度はどんな所で作品展をするのかな?

楽しみです。ぴかぴかぴかぴかぴかぴか

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年8月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
8月15日 22日(再放送)

9月ゲストは10月に行われる第2回「○○展/おーえんてん」

の出品作家さんを予定してます

現代美術・田口友里衣さん  日本画・神谷恒行さん 他を

お迎えしてお話を伺っていきます

2017年9月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
9月19日 26日(再放送)

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

 

 

矢野さやか 洋画家

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 10:17

矢野さやか (洋画家)・・・名古屋市

2017年6月放送

とてもソフトで女性らしい雰囲気の矢野さん。作品は落ち着いた画風の人物画や風景画。画面の中から感じる幾重にも重ねられたマチエールは、ほのかに香る「お香」のよう・・・。


ラジオの質問の中で「ご自身にとってアートとは?」という問いに
「永遠の片思い」と答えられた矢野さん。
多くの作家さんたちに同じ質問をしてきましたが、「片思い」と答えられた作家さんは彼女が初めてでした
作品に片思い・・なんて・・・しっとりと切ない・・・胸きゅんです

 

しっかりしたデッサン力と美しい色合いの中に、これから彼女はどんな想いを重ねていくのだろう・・・

永く長く、見守っていきたい作家さんだと思いました。

 

プロフィール

矢野さやか
1978年名古屋市生まれ
2000年名古屋造形芸術短期大学 造形学科 洋画コース卒業
第14回GAM展 外務大臣賞

 

作品

(2014年ごろ)

上から下に向けて、制作年代が新しくなります

ちなみに私白たまは、このらくだ絵をみて「ラジオきてほしいなぁ」

と思いました。

(最近の作品)

 

 

仝什澆粒萋鮎況
2年に1回個展、年に数回グループ展

▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ
色々あるけど、一番は学生時代の先生との出会い

※「作家をめざして頑張りなさい」と先生にいわれて発奮したと

ラジオでうかがいました。いいね!こーゆー先生。拍手


作品作りにこだわっていること
画面上では特に色の響きにこだわりたいと思っている。


 だ什酘数
平均して、3、4ヶ月


ゲ荳爐亮鑪
油絵の具


Δ桓身にとってアートとは?
永遠の片思い

※ああ、片思いの麗しさときめきときめき


 Ш8紊粒萋依縦
8月末アートセッション
10月ギャラリーG個展

 

これからも応援してます! 矢野さん

 

 

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年6月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
6月20日 27日(再放送)

7月ゲストは 未定 10月に行われる第2回「○○展/おーえんてん」

の出品作家さんを予定してます

2017年7月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
7月18日 25日(再放送)

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

CHIRYU 輝 PROJECT

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 16:43

CHIRYU 輝 PROJECT(地域アートディレクター)・・・知立市

2017年5月放送

メンバー6人を代表して代表(編集長)の山中さんと副代表

(副編集長)橺山(くぬぎやま)さんにおいでいただきました。

知立を独自の角度で切り取っていくCHIRYU輝PROJECTさん。それぞれの写真に個性が光ります。

 

 6月に開催する「うつす!知立まつり」展にむけて、5月2.3日の「知立間まつり」の取材でご一緒

することが出来ました。とにかく元気・フットワーク・センス・好奇心のどれもが輝いておりました。

2017年5月3日 知立間まつりにて 市長と一緒に「はい!ちりゅつぴ〜」

 

地域の魅力を写真・ブログで伝えて発信するパフォーマンスはまさにアート。

今後の活躍が楽しみです

 


CHIRYU 輝 PROJECTの紹介】FBはこちら
市まちづくり委員会をきっかけに、発足したプロジェクトグループ。
(2015年に発足)会社員と主婦による6人構成。住んでいるまちを自らが、取材撮影
や行動をつうじて魅力発信する。Facebookにおいて、1500人のファンをほこり、まち
の活性が継続的に波及していくよう、多角的な活動を精力的に継続している。駅前デ
ザインプロジェクト、チエキタ粋な祭、ちりゅっぴ100万票計画、ちりゅっぴダン
ス製作、知立市観光プロジェクトなどなど、発信側としての限定的な活動ではなく、
様々な会議や活動に参画していくスタイルも特徴。公式ホームページやインスタグラム
なども今年から展開がはじまっている。

 

【所属メンバー】
編集長
■ 山中 邦康(やまなか くにやす)
過去に夢を追った経験を、まちの活性化に発揮している。

 
副編集長
■ 橺山有香(くぬぎやま ゆか)
書記・衣装・メイク担当。輝のコーディネートを担当する。

 
■上井 久美子(じょうい くみこ)
公式インスタグラム担当。写真撮影と画像編集も得意とする。

 
■小山 紗代(おやま さよ)
ちりゅっぴダンス製作者。赤ちゃん向けフォトスタジオも経営。

    
■太田 和良(おおた かずよし)                                           
ちりゅっぴ取材担当。全国各地のおでかけ先から魅力発信中。

 

吹原 紗矢佳(ふきはら さやか)

フリーライター。地域ネタ、食・ライフスタイル、医療情報誌など幅広い分野で執筆中。

文字で知立の魅力を伝える。

 

CHIRYU 輝 PROJECT

輝きプロジェクトのプロフィール
輝プロジェクトの編集長、山中くにやすです。輝プロジェクトとは、自分たちの住んでいるまちを自らが
元気にしていこう!というグループです。活動内容は、まちの魅力を写真と文章で発信すること。

それと自らが舵取り役で行動したり、様々な会議で発言をしたりしています。
その一環で、昨年末にパティオいりあいち展で初めての写真展を開催し、300名以上の方々に知立の魅力
をお届けいたしました。

 

 

仝什澆粒萋鮎況
今年に輝プロジェクトのホームページを開設し、facebookやインスタグラムなども連動しているので、
様々な楽しみ方があります。今はホームページの更新を頑張って作っています。

 

輝きプロジェクトとして歩みだしたきっかけ

仕事に余力がでてきて、はりのなさを感じている時に、知立市からまちづくり委員になりませんか?
という手紙が届いたことがきっかけです。結局、自らが動くことを勧められたので、facebookを通じ
てまちの顔になる!といった提言を意地として貫いています。

 

4覯萋睛討砲海世錣辰討い襪海
輝プロジェクトだからこそ撮影できる写真をお見せします。

 

ぃ唄覯茲僚猗期間
5月の2日、3日で撮影したものを選定。業者プリントは3日あれば届くので、5月中旬には完成予定です。

 

ゥ廛蹈献Дトが取り扱う種類・内容
知立まつりにおける写真。山車の旋回する光景などを予想。

 

今後どんな輝きプロジェクトでいきたいですか?

ボランティアから自らの能力を買われる集団に。企業とボランティアの大きな隙間、誰もが難しいと
思う部分になれる存在に。

 

Г桓信にとってアートとは?または輝きプロジェクトとは

感情を揺さぶるもの。綺麗や美しいだけではなく、そのフレームの中から伝わる感情が人を動かす。
輝プロジェクトもそのようなところを意識しています。


┷8紊了臆担覯茵ε戸会予定
今回の「うつす!知立まつり」展参加以外に予定はありません

  後援 知立市・知立市教育委員会・知立市文化協会

----------------------------------------------------

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年5月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)

5月ゲストはCHIRYU 輝 PROJECTさん
5月16日 23日(再放送)

6月ゲストは 洋画科「矢野さやか」さんです

2017年6月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
6月18日 25日(再放送)

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

磯村美沙希(office codonart)

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 14:59

 

磯村美沙希・office codonart/オフィス コドナート(アートプロデューサー)・・・・豊田市

2017年4月放送

磯村さんとの出会い、かれこれ10年ほど前になりますか

まだ結婚前で、文化会館で企画のお仕事をされておりました。

ひょろーっとして、ふわっとしているようで情熱的

折れない、柔らかな鉄塔のような感じの人・・そんなイメージ

当時、しらたまは、彼女を見て「細っこいのに、でっかい・面白い企画たてるなぁ」

「こりゃ、面白そう」と彼女が企画していた「巨大アートプロジェクト」に

スタッフと生徒とOBつれてイソイソお手伝いしてました。

その後、結婚されてお仕事から遠ざかっていた彼女でしたが、子供さんが1歳越えた

あたりで、ごごごーっと、動き出して現在に至ります

前回ラジオに主演していただいたときより、さらにパワーアップしてます。

今回はoffice codonartの活動を中心にお話を伺っていきます。

 

.灰疋福璽箸里慮什澆粒萋鮎況
現在個人的にはパティオ池鯉鮒の企画展「◯◯展」のプロデューサーとして活動。

office codonartとしては、アートプレパ「ひょうげんあそびば」というアートをつかった自由な遊び場を月に1度開催しています。

アートプレパとは、「アート」と「プレーパーク」を足した造語。
「ケガと弁当は自分持ち」をモットーに、子どもたちの自由を徹底的に保障する外遊びの場であるプレーパークの理念をもとに、アートであそぶ自由を保障する場として開催しています。

特徴はゲストアーティストを招くこと。親とは違う、そのジャンルが得意な「へんな大人」であるアーティストを招き、一緒に遊んでもらうことで、子どもたちの創造性の枠を壊し、広げていってもらいたいと思っています。

プレーパークがしばしば「冒険遊び場」と訳されるので、それをもじって「ひょうげんあそびば」。モットーは「ケガと汚れは自分もち」

 

(第1回 2017年1月28日 「えのぐでスタンプ」ゲストアーティスト 野中ゆう子・水彩、ミクストメディア)

(第2回 2017年2月26日 「音・リズム・からだ」ゲストアーティスト 川合正彦・ドラム パーカッション)

(第3回 2017年3月25日 「はこ・つつ・パック」ゲストアーティスト 参加者全員)
4月は22日(土)内容は音楽かダンスあそび。ゲスト未定(のち決定。パフォーマーの黒野靖子さん)


5月は20日(土)内容は枝@豆さんを招いての「布であそぶ」
場所は豊田市吉原町にある多世代交流サロンひだまり、時間はいずれも10〜12時です。


その他、昨年2回開催した「恩送りポスト」も継続実施予定。
「恩送りポスト」とは、自分の中にある「恩」にまつわる言葉やエピソードを手紙として絵や文に表し、アーティストが作ったポストを通じて次の人へと送っていくという参加型アートイベント。
昨年12月には白たまさんにもポストを作ってもらいました。
現在、恩送りにふさわしい場所を検討しています。

(第1回 恩送りポスト 会場 多世代交流サロン ひだまり /写真右上  ストッキングアート作家「光冨さよ」作)

 

(繊維造形作家「宮崎祥子」作)               (宙吹きガラス作家「やまもとあかね」作)

 

(第2回 恩送りポスト 会場 知立市文化会館パティオ池鯉鮒 追加参加作家 野中ゆう子)


そのほか6月18日(日)に、とよたデカスプロジェクトに応募している「Musika de Musica 六鹿(むしか)で音楽(ムジカ)」という企画も進行中。
豊田市高岡町にある六鹿会館という文化財の邸宅を舞台に、豊田産の木材をつかった打楽器カホンを手作りし、鳴らし方を知って、最後にみんなでコンサートを楽しむとう企画です。

 

 恩ポス、コドナートが歩み出したきっかけ
office codonartを立ち上げるきっかけになったのは、2年前に刈谷市の刈谷駅前商店街にあるギャラリー[スペースaqua]の事業企画を請け負うため。
この時は個人的にやっていて、今は仲間と一緒にやっています。


「恩ポス」=「恩送りポスト」のきっかけは、多世代交流サロンひだまりという場に惚れたため。
多世代交流サロンひだまりは、「ひょうげんあそびば」の会場にもなっていますが、「恩送りポスト」の第1回目の会場でもありました。
築90年の古民家を改装して市民が使えるフリースペースとして貸し出している場所なのですが、8畳間が4つ分の広々とした床座の空間がとても心地よく、おばあちゃんちのような安心感のある場所。
大家さんが自宅の一部を改装してつくったスペースで、場所の素晴らしさもさることながら、その大家さんの心意気に感動して、この場で何かできないかと考えて発想したのが「恩送り」でした。

そこで、白たまさんに「アートで恩送りができないかなあ」相談!
白たまさんの「作品を順に送りあうロッカーみたいなのをやってみたいと思ってたんだよね〜」というアイデアをアレンジして、「恩ポス」は誕生したのでした。

 

 4覯茲垢觝櫃砲海世錣辰討い襪海
社会性をもっていること。参加できるものであること。
世の中をちょっと良い方向にできるものにしたいし、携わってくれた人や来てくれた人が、参加して良かったという気持ちを持ち帰ってもらえるものをと考えています

 

 ぅぅ戰鵐箸糧想から実行までどれくらいかかりますか?
告知の期間を考えると、実行できる条件さえ揃ってしまえば最短で4ヶ月くらいだと思います。
そのかわり、アイデアの段階はすご〜く長い。何年もあたためているものもあります。
アーティストが作品を作る時と同じかもしれません。

 

 ゴ覯茲忙箸材料はどんなものが多いですか?
企画によって色々ですが。。。
「ひょうげんあそびば」では、ゴミのようなもの・・・廃材とか、古着とか、身近にあるものを使っています。
予算がないということもありますが、家に帰ってもできるものを使えるといいなと思っています。

 

 Δ桓身にとってアートと子育てはどんなもの?
同じようなものだなと感じています。
答えも正解もないし、本当はすごく自由だし、素晴らしいもの。
子育ての中にアートがあるということについては、幸せな環境にいると思っています。
アートにふれることで、たびたび常識の枠を取っ払うことができる。
アートにふれていると、子どもと同じように感性を解放できる。
子どものもつ「今」を生きる感覚を呼び覚ましてくれます。

 
 Шまでの企画の受賞暦や印象に残ったイベント
昨年秋に開催した「トパノオトノバin豊田」という、企画で賞をいただきました。


トパさんという音楽家の方が講師になって、0〜2歳のちいさなお子さんと親のための、音であそぶ企画です。
とよたまちさとミライ塾という、市民が主催する講座を取りまとめたプロジェクトに「トパのオトノバ」で初めて参加して、参加者アンケートの満足度が高かったということで「チャレンジ賞」を受賞しました。

 

今までの活動の中で印象に残っているといえば、スペースaquaの企画の一環で宮本宗(みやもとひろむ)さんという作家さんの個展を開催したときのオープニングイベントです。
宮本さんの作品が、鉄塔に人の脚が生えたようなシュールなものだったのですが、その作品たちの中で、舞踏のダンサーがテルミンの音とともに踊るというコラボレーションを企画しました。
美術と音楽とダンスが一体となったライブは、一度手がけてみたい夢の一つだったので、夢が叶ったという思いがありました。

 

 ┷8紊粒萋依縦
直近ではアートプレパ「ひょうげんあそびば」があります。
4月は22日(土)内容は音楽かダンスあそび。ゲスト未定(のち決定。パフォーマーの黒野靖子さん)
5月は20日(土)内容は枝@豆さんを招いての「布であそぶ」
場所は豊田市吉原町にある多世代交流サロンひだまり、時間はいずれも10〜12時です。


それから6月18日(日)に、とよたデカスプロジェクトに応募している「Musika de Musica  六鹿(むしか)で音楽(ムジカ)」という企画も進行中。
豊田市高岡町にある六鹿会館という文化財の邸宅を舞台に、豊田産の木材をつかった打楽器カホンを手作りし、鳴らし方を知って、最後にみんなでコンサートを楽しむとう企画です。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

codonartの活動の中から印象に残ったイベント

第1回目の「恩ポス」です。
参加された方が書いてくださる言葉や絵、どれもすごく素敵なんですが、その中でも特に印象的なドラマがありました。

 

ある日、年配のご夫婦が参加されたんです。お二人ご一緒に来られたけど、離れた場所で「手紙」を書かれていました。
先に書き終えたのはご主人で、受付で2番のポストに入れたい、と仰いました。

受付では、手紙の内容をデータ化するため、スキャンするので内容がチラリと見えるのですが、書かれた内容を説明する欄に「妻へ」とありました。
手紙の内容は、ご主人が25年勤めている間を支えてくれた感謝と、退職後すぐの昨年体調を崩して入院された際の看病への感謝、そして、退院された今、これから一緒にいろんな季節を楽しもう。という内容でした。

ご主人が選んだポストに投函し終えたころ、奥様がようやく手紙を書き終えました。


そして、受付に手紙を持ってこられました。希望のポスト番号は未記入でした。受付にいた私はドキドキしていました。
本当は2番をすごーくおすすめしたい!という気持ちを抑えながら、「どのポストに投函されますか?」と聞きました。
すると「私は2番にするわ」と仰ったんです。

2番のポストから手紙を受け取り、ご自分の手紙を投函された奥様は、その場で受け取った手紙をご覧になりました。
そうして、とても小さな声で「これ、主人のだわ」と言ってこちらを向きました。目に光るものがありました。私も目を赤くして頷くしかできませんでした。

あれは奇跡の瞬間だったと思います。
あの1組のご夫婦のやりとりがあっただけでも、開催した意味があったと思っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-----------

「様々な世代と想いをartでつなぐ、つなぎ人」

そんな言葉が磯村さんのお話を聞いて思い浮かびました

 

子どもと大人をartでつなぐcodonart/コドナート

静かに、しっかり浸透してほしい活動だと思いました

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年4月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)

4月ゲストはcodonart/コドナート・磯村美沙希さん
4月18日 25日(再放送)

5月ゲストは CHIRYU 輝 PROJECT さんです

2017年5月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
5月23日 30日(再放送)

夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

 

みぞぐちともや(イラストレーター)

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 17:35

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

溝口智也(みぞぐちともや)イラストレータ・・・名古屋市

2017年3月放送

 

今回は・・・妙にテンション高すぎて・・収録時の写真を撮り忘れ
集合写真でごめんチャイ。

右から2番目が溝口さん・左端のおばちゃんが来ているのは「うん

こパーカー」溝口さんデザイン。

白たまお気に入りでごわす。

個性的なキャラクターデザインを作るみぞぐちさんですが、ご本には

とても落ち着いた好青年

まじめそうな雰囲気の彼の頭の中はどうなっておるのか、覗いてみた

くなりました。

溝口さんのデザイングッズはヴィレッジバンガードのオンラインショップで

購入できまーす。

プロフィール

みぞぐち ともや
1987年生 名古屋在住

【ブログ】
とむや?の毎日お絵描きブログ

中部クリエイターズクラブ所属。
玄光社イラストレーション「ザ・チョイス」にて最終選考に残ったことをきっかけにイラストレーターとして活動を始める。
名古屋、東京、NYなどの展示に参加。

●主な活動内容
・graniphごはんTシャツ
・長島スパーランドCMイラスト
・JOYSOUNDカラオケアニメーションイラスト
・redbrosTシャツデザイン
・名古屋LOFTでの作品展示販売、ライブペイントパフォーマンス
・アスナル金山ライブペイント
・ギャラリーなどでの展示販売
・アーティストCDジャケットデザイン
・ロゴデザイン
・キャラクターイラスト
・挿絵イラスト
・CM用絵コンテ制作
・携帯用ゲームイラスト
etc…

作品


「OSARE」

「GYOZA」

「SAME」このね、ネーミングがおもろい「shark」じゃないとこが

いいよね!

かわいくないですかーー楽しい楽しい楽しい

 

質問状

仝什澆粒萋鮎況

現在はイラストレーターとして、Tシャツやランチグッズなどのデザインであったり、

本の出版をさせていただいたりしております。


▲◆璽謄好箸箸靴栃發澆世靴燭っかけ

きっかけは子供の頃から漫画家になりたくて、それが高校生の進路のときに少し

変わりイラストレーターになろうと思ったことです。


作品作りにこだわっていること

ゆるくてシンプルなのに、何故か笑えたり、パンチがある。そういうものを目指

しております。


だ什酘数

作品のサイズによってバラバラです。でもほとんど鉛筆などで描きパソコンに

取り込んで色づけ、ということが多いのでそこまで時間はかかりません。
どちらかというと案出しが一番時間がかかります。


ゲ荳

えんぴつ、ペン、クレパス、絵具など色々使いますが、メインは鉛筆です。


Δ桓身にとってアートとは?

アートとイラストはジャンルが違うので、イラストとは、でお答えすれば

いいのでしょうか。僕も最終的にはアートの方に行きたいとは思っております。

僕にとってイラストは自分が自由に生きていけるパートナーだと思います。


Ш8紊粒萋依縦

もっと色々なところに進出できたらいいなと思います。

特に今年韓国のイベントに呼んでいただいたので、これから海外での活動も

ふやしていきたいです。

 

応援してます溝口さん・世界制覇を目指して頑張れーおてんきおてんき

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年3月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
3月21日 28日(再放送)
夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

 

 

光冨 さよ (みつとみ さよ)  ストッキングアート

  • 2017.02.20 Monday
  • 22:00

 

光冨 さよ (みつとみ さよ) ストッキングアート・・・・豊田市

2017年2月放送

アートイベント「恩送りポスト」で作品見てお話して

もう絶対、ラジオに出てほしい!と思ったお方。

この、たこのような、不思議なストッキングポスト!

惚れた!

ご主人も一緒に来てくださいました(右から2番目)

カメラマンのご主人のお仕事で、神奈川から豊田に引っ越してきた

光冨さん。こちらでの新しい展開に向けて、今後もお手伝いが出来れば

いいなと思いますおてんき

とても軽快なおしゃべりと、作品への深い情熱と、ストッキングアート

への「愛」を感じた収録でした

作品は、どれもレベルの高さはぴか一!

どんどんいろいろな場所で活躍してほしいですね。

 

プロフィール
パンティストッキングを主材料に29年間 制作活動しているストッキングアーティストです。
工業製品でもあるストッキングの素材 フォルムなどに着目し 様々な角度から可能性を追求し 様々な手法で 枠にとらわれず 常に独自の世界を目指して制作を続けています。
「ストッキング」なのに「ストッキング」に見えないけれど「ストッキング」これが私のコンセプトです。

「ストッキングアーと・光冨さよ」
https://sayo-mitsutomi.jimdo.com/

 

作品

「女 (ひと)」

 インスタレーション

2016年10月29日

豊田市駅前広場で開催の

「とよたアートハロウィン」にて

「スカルプ」2008年ごろ

得体の知れないものが、地面から出ている感じがホラー可愛い!

最近の作品

2016年岐阜県関市 大禅寺「題名のない文化祭」より

8面立体

 


仝什澆粒萋鮎況
現在は3月の六本木 ストライプハウスギャリーでの個展のため 新作を制作中です。イベントなど お誘いに応じて 活動してます

 

▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ
グラフィックデザイナーでしたので 何か 制作して見ようと思い スタートしました。

作品作りにこだわっていること
素材がストッキングと決意した時 ストッキングなのにストッキングに見えないアート 2度見して頂ける様な作品群を制作しています

だ什酘数
作品によって異なります。

ゲ荳爐亮鑪
パンティホース  ストッキングです。

Δ桓身にとってアートとは?
ストッキングアートは自由な表現 自在に形にすることだと思っています。

Ш8紊粒萋依縦

3月3日から15日迄 六本木 ストライプハウスギャリーにて個展を開催します。

そして3月4月と岐阜県関市大禅寺にて 題名のない文化祭に参加します。
六本木デザイナーズフラッグの入選作品が2月23日から3月22日まで 六本木 街路灯に展示されます。

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年2月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
2月21日 28日(再放送)
夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

 

 

 

中西容子  (造形作家・版画ほか)

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 15:55

 

中西容子(造形作家・版画ほか)・・・豊田市

2017年1月放送

(写真右上がご本人)

中西さんとの出会いは、やはりギャラリー「ブルーボックス」(岡崎市)

個性的なカラフルな色使いと、発想のユニークさに、白たまはガツンとインプット

 

今回ラジオでお話を伺う事になりました

ちょっと緊張気味の中西さん

そこはそれ、おばちゃんパーソナリティ、ぐいぐい引っ張る引っ張るびっくり

リノリウム版画のお話では「えー!,学校や病院などの床に使っているあのリノリューム素材って版画に出来るんだーー」

「彫れちゃうんだー」となにやらよからぬ妄想を抱きつつ

「学生時代に記念に床、彫っとけばよかった・・・」などとおかしな後悔をしつつ(よい子は実行してはいけません!!)

 

作品の素材や、発想、制作姿勢は

ちょっとやってみたいなーと子供心ワクワク刺激します

 

子供心と冒険が詰まった彼女の作品ここで出会えます。

ブログ

http://yoko-nakanishi4.webnode.jp/

http://www.loftwork.com/portfolios/miro/profile

 



 中西容子 プロフィール

2001年 武蔵野美術学園造形芸術科 卒業
2002 :     武蔵野美術学園造形芸術研究科絵画コース 修了
 
個展
2002年 Dream     クラフトスペース 東京
2003 :    夢の中へ 木の葉画廊 東京
2005 :    Small World   ギャラリー惺 東京
2006 :     TOY WORLD   ギャラリーレイ 名古屋
2012:      Characters        Ouchi Gallery     ニューヨーク
2015 :     Characters       ブルーボックスギャラリー 岡崎
2016:      Friendly           あいしんぎゃらりー 豊明

グループ展
2003年 第21回上野の森美術館大賞展 入選 上野の森美術館
2004:     2つの道しるべ         ギャラリー惺 東京
2005~07:   昭和美術会展 入賞、入選 京都市美術館
2010~13 :     色紙展、ユニグラバス小品展 Gallery UG 東京
2011~12 :         100人展 Ouchi Gallery   ニューヨーク
(2012   Sala dei Templari  イタリア )
2014~ 16:     アートセッション展 愛知県美術館
2015,16:       GAM 展 豊田市美術館
(2015  豊田市文化振興財団賞 )

 

作品


(↑リノリューム版画)


質問状

1、現在の活動状況
* 個展、グループ展などに出品しています。

 

2、アーティストとして歩みだしたきっかけ
* 小さい頃から絵を描くことが好きで、絵画教室にも通ったりしていて、先生に褒められたり、入選などもしたりして
嬉しかったし、楽しかったので。

 

3、作品作りにこだわっていること
* 日頃から作品にすると面白いかもと思ったものは、制作してみること。
色をつけるのは、主な色だけ決めて、あとは直感で色を塗ることとたくさん色を使うこと
どういう風にしたら、面白いかどうか、キャラクターの表情をつけること

 

4、作品日数
* 早いものは一週間ぐらいで、遅くても三週間ぐらい
どちらかというと、同時進行が多いので絵をやりながら立体をやることもあります。
版画に至っては3、4つの作品を掘ってから、まとめて刷ります。

 

5、画材の種類
* 絵画は昔は油彩を使っていたけれど、今はアクリルで黒色の線だけは墨汁
版画はリノリューム、油性インク
立体は石粉粘土やベニヤ板、新聞紙などを使ったりしています

 

6、ご自身にとってアートとは
* やめなさいと言われてもやめられないものですし自分らしさを出すもの生きがいですかね

 

7、今後の活動予定
* 1月7日〜22日までGallery APA での個展(名古屋市)
  5月にGAM展(豊田市)

 

 

おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2017年1月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
1月17日 24日(再放送)
夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます


「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

  

 

 

 

 

 

 

 

酒井 章帆  洋画家

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 21:58

JUGEMテーマ:日記・一般

酒井章帆(洋画家)・・・知立市

2016年12月放送

マイペースでおおらかな印象の酒井さん。作品はとても繊細。

フレスコ画のような印象ですが、実は油彩・・・といっても画材は色々試行錯誤されているようです。

ユーミンの詩の向こうに風景が浮かび、ユーミンの直筆のジャケットを見て、彼女が美大出身である事

を知り、美大を受験し、県芸へ・・・画家へのきっかけが「ユーミン」だなんて、乙女素敵なお話ですね。

 

 

プロフィール

【 略歴 】
1983  愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業
1984  ヨーロッパ遊学
1993  アトリエ「帆」設立
 時折、イギリス(コッツウォルズ)・イタリア(ベニス)・中国(蘇州)・
フランス(ヴェロン周辺) 等 水辺の町を好んで巡る 。


◾ 個展
1985 ギャラリーはくぜん/ 名古屋
1985 画廊じんがら/ 知立
1990 画廊じんがら/ 知立
1991 銀座スルガ台画廊/東京
1993 毎日アートギャラリー/ 名古屋
1995 新宿三越/ 東京
1998 名古屋三越/名古屋
2001 ギャラリー西利/ 京都
2002 志摩画廊/ 京都
2004 松下画廊/豊田
2008 名古屋三越/名古屋
2013 豊田画廊/豊田


◾グループ展
1985 「三人展」 ギャラリー白 /大阪
1986 「変身譚」 ギャラリーASG/名古屋
1987 「衆雅展」 画廊じんがら/ 知立 以降毎年
「国展」 ( 〜1992)
「伊藤廉記念賞展」 日動画廊/名古屋 (1989・1990・1993)
「知立市美術展」 ー1987愛知県議会議員賞・1988審査委員賞ー
( 1989〜賛助出品 )
1988 「西三分協美術展」ーポスターに採用ー
1989 「セントラル美術館油絵大賞展」 セントラル美術館/東京
1990 「オギサカ油絵大賞展」 洋協アートホール/東京
「日伯現代美術展」 東京・熱海・札幌・ブラジル
ー1990優秀賞・1992日伯賞ー
「衣浦東部美術展」 刈谷市美術館/刈谷 (2006・2007・2008)
「中部総合美術展」 愛知県美術館/名古屋 (1991・1992)
「新栄会展」 丸栄百貨店/名古屋 (1991・1992)
1991 「開かれた窓展」 日動画廊/ 名古屋 (1993・2005)
1993 「新鋭作家展」 星ヶ丘三越/名古屋
「刈谷展」 刈谷市美術館/ 刈谷
牧神画廊/東京 ( 1997・2003)
1996 「上野の森美術館展」 東京・箱根 ー賞候補ー
「心太展」 柴舟画廊/ 刈谷
1996 「昭和会展」 日動画廊/ 東京 他 (1998・2004・2005・2006)
2001 「鴻鵠の会展」 ギャラリーシェーネ/東京
2002 「刻の気色展」 画廊じんがら/知立 以降毎年
2004 「GAM 展」 好望閣ギャラリー/シンガポール
2005 「花展」「 猫展」 他 ギャラリーディマージュ/刈谷 (〜2012)
「掛川美術館絵画展」 掛川美術館/ 掛川
「気究展」 ギャラリー聚 /名古屋
「愛地球博のための美術展」(日動企画) 丸善ギャラリー/名古屋
2006 「ミニヨン展」 日動画廊/東京・名古屋
「三越大美術展」 名古屋三越
「セジョーネデラルタ〜それぞれの詩展」 画廊若林/名古屋
「女性画家の姿展」 日動画廊/名古屋
2007 「花と風景を描いた絵画展」 近鉄枚方/ 大阪
2008 「花の絵小品展」 他 朝日画廊/豊橋
「写実画壇展」 上野の森美術館/東京 ー招待出品ー
(2009〜会員出品 以降毎年)
2009 「小さい秋みつけた展」 ギャラリー聚/名古屋
2010 「新春洋画小品展」 京都大丸/京都
「HAT2010展」 新国立美術館/東京 ー 佃賢輔芸術大賞ー
「みちくさ展」 ギャラリーセイコウドウ/東京 (2012)
「Convergeー収束ー展」 ギャラリー矢田/ 名古屋 (2013)
「中部絵画選抜STEP展」 栄サンシティーギャラリー/名古屋
以降毎年
2011 「台湾・日本文化芸術交流展」 新北市政府ギャラリー/台湾
2013 「新環展」 永井画廊/東京 (2014)
「Venus展」 ギャラリーセイコウドウ/東京
2014 「丹桂の会」 豊田画廊/ 愛知・豊田 ( 〜2016)
「新宿写実画壇展」 ギャラリー絵夢/東京
「笠の会展」 松坂屋/名古屋 (2015・2016)
「Groire展」(グロワール) ギャラリームサシ/東京
2016 「Groire展」 豊田画廊 / 愛知・豊田
「コンテンポラリー展」 刈谷市美術館 / 愛知・刈谷
◾ 現在
アトリエ「帆」・「帆の会」 主催
中日文化センター講師
知立市文化協会理事
写実画壇会員
◾ パブリックコレクッション
知立市(歴史民俗資料館・図書館)
豊川市
◾ 他
2014 豊田市美術展 審査員
2016 豊明市美術展 審査員

 

と、活動的な酒井さん

さて・・作品はどんなかな

 

作品

どの作品にも「ファルベ」というタイトルがつきます

ドイツ語で「色・音の共鳴」という意味を持つそうです。

 

仝什澆粒萋鮎況
 写実画壇の会員として、東京で恒例の展覧会ある。その他 愛知や東京にてグループ展を多数。時に海外でも行う。個展は、デパートが多い。


アーティストとして歩みだしたきっかけ
描く事は、小学校時代から好きだった。
美大(愛知芸大)に進み、卒業後画廊さんとの関わりから作家として歩む様になった。以前は、国画会にも出品していた。

作品作りにこだわっていること
マチエール。独自の下地作りに拘っている。
あと、心象的具象表現にも。


だ什酘数 
 キャンバス作りから行うので‥  本画は、小品でも2週間はかかる。


ゲ荳爐亮鑪
 いろんな材料を使うので、ミクスドメディアとしておこう。(水彩、パステルなども描く)


ご自身にとってアートとは?
自分が自分である事を表現する物。
時として、自身を昇華させる為の道具。


今後の活動予定
近々では、刈谷市美術館にて「コンテンポラリー展」。  豊明市美術展審査員としての豊明市文化会館での展示。
4/1〜7は、恒例 上野の森美術館 にての「写実画壇展」。
夏には、地元知立 画廊じんがら での「刻の気色展」。また、フランスでのヴェロン展参加も。

 

今後も素敵な作品を見せてください

 

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2016年12月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
12月20日 27日(再放送)
夜10時から11時まで

インターネット配信してます
 スマホ・タブレットでも聴けます
「インターネットラジオのご紹介」

http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
 CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
 「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
 コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
 毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
 内容は月替わり。

-------------------------------------------------

  

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

今月のゲスト

白たま  (シラタマ)

腰がすべり症で、左ひざが捻挫 毎日リハビリじゃーーー ついでに小指も骨折 まじかーー

今日のみかん

只今子育て奮闘中。9ヶ月になったぞ!

今日の玉ちゃん

4年間ありがとー。たまには遊びに来てね

今日のカメ子

たのしもー、じんせいを

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM