枡田奈津井 

  • 2016.04.19 Tuesday
  • 21:57
枡田奈津井・・・美術作家(安城市)
2016年4月放送
2回目出演の枡田さん前回は、なんとLucky2初回放送のゲストさんでした。

3年前よりぐっと、女っぽくなって登場です。
今回は自作カチューシャ「角」をつけてお出ましいただきました。
3年前は絵画教室や公募団体展など始めたばかりの頃でしたが、現在は
教室も拡大し、作品発表の場も広がり、今後が楽しみな枡田さん。

最近のプロフィールなど
愛知県 安城市生まれ
現代美術家協会を中心に制作活動中。
骨とフィルムカメラと廃墟廃屋廃工場が好き。
好きな画材は 鉛筆
好きな生き物は 長いもの
かわうそ、いたち、あなご、うつぼ、うなぎなど。
最近は謄写版を手に入れてご満悦。
今欲しい物は、八ミリカメラ

現在 かわうそ絵画造形教室・現展・コンテンポラリー展
   B/BAPギャラリー展・など活躍中

ぐいぐい前へ進んでおりますグッドグッドグッド

最近の個展から
2016年3.15〜3.30
「ガーデンーその記憶(うみ)にー」

あいしんギャラリー
豊明市前後町善江1735 パルネス前後1F



版画や油彩 ドローイング など

会期中は 鉛筆でのライブペイント

B紙4枚ぐらいの大きさかな
自由で伸びやかな、ドローイングでした

2014年3月にこれまたゲスト出演してくれた「松澤翔」君と
差し入れの、焼き芋片手に「ポーズ」
松澤君も現在「二紀展」にて活躍中

会場で彩色していたヴァイオリンも完成
美しいね!!

今後の予定
2016年5月 現展 東京本展
      豊田 GAM展
    夏 現展 名古屋展
   7.8月 B/BAPギャラリーグループ展

などなど、随時追って、ブログのほうでも紹介していきます。

今回は、カメ子さん、枡田さん、白たまの3人で
現代美術について、あーでもない、こーでもないとラジオでお話しています
話のネタにしたのはこの本



「めくるめく現代アート」フィルムアート社
筧菜奈子 文・絵
現代アートの入門書にぴったり!!

若者はドンドン成長し
アーティストは老いても成長し続ける

応援したいね

フレフレ!! アーティスト!
---------------------------------------------------------

2016年2月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
2月16日 23日(再放送)
 夜10時から11時まで

インターネット配信してます
スマホ・タブレットでも聴けます
「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
内容は月替わり。

-------------------------------------------------










 

岩田萌花  日本画・水彩

  • 2016.03.15 Tuesday
  • 15:35
岩田萌花・・・日本画・水彩(豊明市)
2016年3月15.22日放送(22:00〜23:00)

作品も、ご本人もとてもキュート!!
それが岩田さんの第一印象。
色々なアートイベントでお会いすることが多かった岩田さん。
ポストカードやプラバンブローチ、ミニ絵本
そのどれもが優しい色合いと、可愛らしさで、思わず手にとって
見つめてしまうハート大小

世の中には可愛らしいものがあふれていますが、彼女の作品は
ポイントを掴んだ可愛らしさ、愛らしさ。

お話を伺っていると、一見か弱そうに見えますが
芯がしっかりしていて、パーソナリティのたまちゃんの手相占い
によると・・・

・・・・らしいです。おはな
キラキラの才能と現実性の二足のわらじで、今後の活躍を楽しみにしています。
プロフィール
2007年11年  名古屋芸術大学 日本画コース卒業

2008年より  画教室あとりえ木だちにて幼児、児童へ絵画指導を行う絵画講師スタッフとなる。

2009年    枝@豆という作家名で絵画活動を行う

2010年より 豊明市美術協会に入る

2011年    卒業製作作品  ブライトン大学賞

2013年    ヘルパー2級を取得

2014年より  NPO法人夢ひろば(障がい者、児の日中一時預かり)のスタッフになる。

作品

received_855273891261826.jpg
(個人宅の庭にて・・・くらげがかわいい)

(50号日本画)
_20160314_163328.JPG

_20160314_163405.JPG

_20160314_163432.JPG
(ミニ絵本 小さな話 )

仝什澆粒萋鮎況
豊明市にてNPO法人 夢ひろば (障がい者・児 日中一時預かり)スタッフ、絵画教室あとりえ木だち 絵画講師、ギャラリーカフェ木だち カフェスタッフ

▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ
大学時代 友人にクリエーターズマーケットに誘われる。その際 雑貨屋の方から委託販売の誘いを受け ポストカード販売を始める。

作品作りにこだわっていること
強いこだわりを持たず 楽しく描く。子どもの頃と同じ気持ちで描く

だ什酘数
日本画 1ヶ月、水彩画 2日、プラ版 1週間
DSC_1314.JPG

(プラバンブローチ 2016年3月に行われた夢画廊 ブローチの国より)

ゲ荳爐亮鑪
主に水彩画 透明水彩絵具

Δ桓身にとってアートとは?
好きな事 昔から唯一続いている事

Ш8紊粒萋依縦
5月 GWから約1ヶ月間 木だちギャラリーカフェにて個展を予定。
6月 豊明市にあるケーキ屋Mondoで個展&ワークショップを予定
 

応援したいね拍手拍手拍手拍手拍手

フレフレ!! アーティスト!拍手拍手拍手拍手拍手
---------------------------------------------------------

2016年3月のラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー)
3月15日 22日(再放送)
 夜10時から11時まで

インターネット配信してます
スマホ・タブレットでも聴けます
「インターネットラジオのご紹介」
http://838.fm/internetradio/

ケーブルテレビ KITCHでも聴けます
(高浜・碧南・刈谷・安城・知立)
KATCHチャンネル11ch
CS デジタル 108ch

-----------------------------------------------------
このブログはラジオPItch FM 市民チャレンジコーナー番組
「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) フレフレアーティスト
コーナーをサポートするものです。

ラジオ「Lucky2」(ラッキー・ラッキー) 放送日
毎月第3.4火曜日 夜10時から11時まで
愛知県内で活動するアーティストを紹介しています。
内容は月替わり。

-------------------------------------------------

牛茂(ギュウモ) 染色

  • 2016.01.19 Tuesday
  • 22:37
牛茂(ギュウモ)・・・・ 染色(神戸市)
2015年12月放送

牛茂さんは、パーソナリティのたまちゃんが栄のギャラリー
で出会い、なぜか今回、東京方面から帰る途中で、お友達の
エステサロンで作品を見せていただきました。
染色で書かれた観音様や仏様は、手間と時間をかけて染め上げ
とても不思議な色合いと雰囲気がありました


服飾関係のお仕事をしていた牛茂んですが、阪神大震災のあと
仕事は一変し、現在の、染色で神仏を描く、染色作家として
活動しています

東京、関西、名古屋と幅広く活躍中

白たまも、6月には孫が生まれるので1枚、買ってしまった
安産祈願  安産祈願


プロフィール
牛茂(牛田茂)
1949 京都府 丹後に生まれる
1970 阿佐ケ谷美術専門学校(ビジュアルデザイン専攻)卒
グラフィックデザイナーとしての傍ら河村貞之(具象美術)に師事する
重要無形文化財保持者(人間国宝)森口華弘に師事する
全国各地の百貨店にて個展を開催
伝統工芸の重みと多彩な描写に没頭、そして伝統的な技法の染色のみならず自ら
天職としての染色のイメージにより研究開発に精進を重ねる。
そして今日、牛茂独自の染色仏画技法に成功し各分野の評価を得る。
染色の分野でのさまざまな実験の結果から、独自に編み出した仏画染を発表する。

作品



作品は愛知県に立ち寄ったときに見せたいただいたものです




 

芹澤 由貴(せりざわゆき) プロデューサー

  • 2015.11.17 Tuesday
  • 22:02
芹澤 由貴(せりざわゆき)・・・プロデューサー

文化会館で会うと、いつも笑顔で忙しそうに手を振りながら挨拶していく芹澤さん。
演劇からダンス、美術と幅広いジャンルを手がけ、アクティブに活動する彼女の後姿は「一所懸命」が良く似合う

ものすごく忙しいはずなのに、どこかふんわりとした笑顔は「セリちゃんがんばってー」と声をかけたくなる
今回のLucky2はそんな女性プロデューサー芹澤 由貴さんをお迎えしました。

2015年10月から、放送回数が月4回から2回になり11月の放送は第3.4火曜日 午後10時から
11月17.24日デス 聞いてね


プロフィール 
1985年静岡県沼津市生まれ。女子美術大学卒。 
2008年4月にちりゅう芸術創造協会に入職し事業係に配属される。 
以降、現在に至るまでパティオ池鯉鮒(知立市文化会館)で勤務している。 
 
事業係の主な業務 
・講座、登録アーティスト派遣等の「育成事業」 
・市民参加型舞台制作等の「創造事業」 
・各種文化団体事務局等の「連携事業」 
・鑑賞事業 
・文化情報誌「Patio」

最近の事業内容・・・無論芹澤さんプロデュース

市民劇 「愛 かきつばた姫」2014年
Lucky2スタッフだった「隊長タツヤ」君もこのお芝居が初デビュー

2015年夏に行われたダンスユニット「おやじカフェ」親父の笑顔が素敵でした

毎年行われるこのイベントの見所は、一杯あるけど
なんてったってお勧めは「イルミネーション」
2015年12月18日〜25日まで
知立市文化会館 パティオ池鯉鮒で行われます
家族でカップルでもちろん一人でも楽しめます 

 
現在の活動状況 
プロデューサーとしての活動状況 
どんなジャンルのものをてがけているのか 
・演劇 
・ダンス 
・美術 
※ただし、パティオにはジャンルごとの専門職はないので上記に挙げたジャンルの事業を自分 
ひとりで担当しているわけではありません。 
 
 
▲廛蹈妊紂璽機爾箸靴栃發澆世靴燭っかけ 
・パティオ池鯉鮒で働き出したことがきっかけ 
(大学時代に「アートマネジメントの役割」として 
〃歃僂魎儺辧兵匆顱砲望匆陲垢襪海 
芸術家の活動を保障し創造を可能にすること 
社会のもつ潜在能力の向上を支援すること、ということを学びました。 
そのことが駆け出し当初から意識下にあったように思います。 
また、そのことがあったので、手探りでも、意味が分からなくても、たとえ納得できなくても、 
続けて来られたと思います。) 
 
4覯荳遒蠅砲海世錣辰討い襪海 
苦労話など 
・企画を、社会の「必要」の中から生み出すこと 
 
  関わり(創作活動)を通して解消すること 
・「既成」の解体と発見 
・特定のジャンルにこだわらずに関心を持つこと 
・課題は、納得のいくまで対話を続けること。その結果、たとえ道が別れても、相手を攻撃しないこと。 
  そして、もし攻撃されても気に病まないこと。 
 
ず8紊匹鵑粉覯茲鬚燭討討いたいですか? 
・子どもでも大人でも、既成の社会制度や習慣の中で管理され、それらの枠組みからはみ出ずに適応 
しようと必死に生きていると思います。 
その暮らしの中で埋もれてしまった自然な喜びや欲求を解き放てるような体験の場を、単発のワーク 
ショップであれ、長期間にわたる創作活動を経た公演であれ、今同じ時を生きる皆さんと共有できる 
ような企画を立てたいです。 
 
 
イ桓身にとって「アート」とは? 
心と体を一体化してくれる「もう一つの現実」 
 
今後の企画案内 

【講座】 
・12月6日(日)演劇ワークショップ<40歳以上限定「初恋ワークショップ」〜出せなかった手紙を出そう〜>(申込み受付中)
 
・1月16日(土)、2月6日(土)表現ワークショップ<アートDEコミュニケーション〜演劇〜>(申込み受付中)
 
【イベント・公演】
 
・12月18日(金)〜25日(金)イルミネーション「パティオDEクリスマス2015」(入場無料)
 
・2月13日(土)、14日(日)演劇「Re:クリエイション・プロデュース 烏丸ストロークロック『国道、業火、背高泡立草』」(チケット発売11月14日から) 

----------------------------------------------------------------
様々な切り口を持って企画・発信するプロデューサーというお仕事は、個々の作家やクリエイターたちの料理人といったところでしょうか。今後彼女がどんなご馳走に腕を振るうのか、楽しみです






 

湯浅未浦 (ゆあさみほ) 

  • 2015.10.20 Tuesday
  • 21:17
湯浅未浦/ゆあさみほ(彫刻・木彫)・・・豊明市
放送日 2015年10月20日27日 22:00〜23:00 PitchFM83.8



 
10月放送は彫刻家「湯浅未浦」さんをゲストにお迎えしました。
湯浅さんとは刈谷市で行われる「コンテンポラリー展」でお会いしました。
当初は、作品しか見ていなかったので、搬入のときにどんな人だろう・・木彫
だから、がっちりした感じの人かなぁ・・・なんて思っていたら・・・
とても、華奢で女性らしい方。作品と作者のイメージは異なる事が多いと言い
ますが、今回も良い意味で、そんな感じです。

ソフトなお話の中に、作品の持つ「不思議」感が漂よい、繊細さと大胆さが
同居している感じ・・。

息の長い活動を続けてほしい方だと思いました

ちなみに、白たまのお気に入り作品はこれ

「遥かなる場所へ」
コンテンポラリー展の展覧会会場でこれみて「うわー好きやー」
と天井から吊り下げられた作品を見上げて思わず叫んでしまった!!

魂のような、想いのような彼ら・・彼女ら・・はどこへ行くのだろう
・・・そんな風に思いを馳せる作品でした。
プロフィール
愛知県出身/豊明市在住
2002年 東京藝術大学 美術学部 彫刻家 卒業
2004年 
東京藝術大学  大学院 彫刻家 修了

個展
2004年 東京(KEY Gallery)
2006年 愛知(画廊じんがら・知立)
2009年 愛知(画廊じんがら・知立)
2012年 愛知(画廊じんがら・知立)
2014年 愛知(THE BLUE BOX・岡崎)
2015年 愛知(画廊じんがら・知立)

グループ展
2005年 DISCOVERY/東京(KEY Gallery)
2006年 DISCOVERY/東京(KEY Gallery)
     京展・入選/京都(京都市美術館)
2007年 とよた美術展07・入選/愛知(豊田市美術館)
              Continue再会展/東京(KEY Gallery)
2007〜2009年 宮崎国際現代彫刻・空港展/宮崎
2008年 21世紀の立体造形vol.2/愛知(松坂屋名古屋)
2013年 21世紀の立体造形〜シリーズ最終章〜/愛知(松坂屋名古屋)
2014年 Global Artist Novemennt展・文部科学大臣賞/愛知(豊田市美術館)
作品
「彷徨える」

「ゆきかう想い」

「ゆらぎ」
 

2015年10月 画廊じんがらより
 

お友達と見に行ってきました。
湯浅ワールド、圧巻!!

仝什澆粒萋鮎況
個展や誘っていただいたグループ展など
所属は無し

▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ
ただ単に好きで、楽しくて これしかなかった

こだわっている事
・感覚的に、良いか悪いか
・気持ちの入り方 作品との距離

だ什酘数
3ヶ月間 手を入れなくても、入れても、作品と向き合う時間が必要なため
大きい作品は3.4ヶ月かかります

ゲ荳爐亮鑪
くすの木
道具はチェーンソー・のみ・仕上げ用に彫刻刀
なるべく機械を使わないようにしている

今後どんな作品を創りたいですか?
何をつくりたいか自分でもわからないが、自分のつくりたい物、湧いてきたものをつくっていきたい

Г桓身にとってアートとは?
いきている事
自分自身に向き合う事が出来る事

┷8紊粒萋依縦
刈谷市 コンテンポラリー展
平成28年秋頃 B・BAPギャラリー(岡崎市)
 








 

松原 遼・・・洋画(三重県)

  • 2015.09.01 Tuesday
  • 18:36
JUGEMテーマ:日記・一般

松原 遼・・・洋画(三重県 桑名市)
2015年9月放送



9月の放送は、洋画家・松原遼さんをお迎えしました。
「話すのはあまり上手くなくて・・・」と控えめな松原さん
「大丈夫!おしゃべりおばちゃんが2人もいるから!まっかせなさーい!」
という暗示がきいたのか、静かに熱くご自身のアートを語ってくれました。

松原さんは三重県在住ですが、活動範囲は広く三重・愛知・岐阜などで絵画教室
・高校・特別支援学校の講師としても活躍中
寡黙な感じですが非常にフットワークが軽いんですねグッド

じっくり腰を据えて描かれた作品は、質のいい奥行きを感じます。

予断ですが、松原さんのブログには、なぜか駄菓子と料理の写真が多く、食べ物好き
の白たまは・・つい・・「ほーこんな駄菓子あったんかい、探してみよー」とか
「あっ、パスタや今晩のおかずパスタにしよかなー」などとつぶやいたりしています。
ちなみに、お気に入りの写真はこれ

イタリアンパスタにアボガドで「仮面ライダー風」
松原氏作 

パスタとアボガド・・・どんな味だろう・・・
・・と寡黙な好青年のお茶目な?一面(笑)

プロフィール
松原 遼
 
名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画コース 卒業
 
個展・グループ展
 
2007年 ものの見え方展(長久手文化の家)
2008年 次世代の洋画家たち展(ギャラリー彩)
2009年 NEXT5展(ギャルリーくさ笛)
2010年 NEXT6展(ギャルリーくさ笛)
2011年 個展(Cafe gallery NAKA)
2012年 三重県洋画協会展
個展(Cafe gallery NAKA)
2013年 三重県洋画協会展
個展(Cafe gyally  NAKA)
  他多数
コンクール展
 
2008年 第26回上野の森美術館大賞展 入選
(上野の森美術館/東京都)
2009年 第22回しんわ美術展 入選
(津山市立文化展示ホール/岡山県)
2011年 第24回しんわ美術展 入選
(津山市立文化展示ホール/岡山県)
2012年 第30回記念FUKUIサムホール美術展 入選 (福井カルチャーセンター/福井県)
現在

高校・特別支援学校/非常勤講師
 JEUGIAカルチャーセンター(mozoワンダーシティ店?桑名店) ・知立カルチャーセンター
・蟹江カルチャーセンター/講師

作品
(1日の始まり)



(夕焼けP4)

 

ちなみにこちらは、白たまお気に入り
スマホで描いた人物画

仝什澆粒萋鮎況

 油絵を中心に制作しながら、個展やグループ展等で発表をしています。
 また、高校やカルチャーセンターで、幼児から年配の方までを対象に美術
 教育をしています。
 
▲◆璽謄ストとして歩みだしたきっかけ

 私は幼少の頃、話をすることが苦手で、言葉によるコミュニケーションを
 とることが困難でした。

  自分の中で伝えたいことがあるのに伝えられないわだかまりのようなものが
 いつもあったのですが、絵画だと自分の想いをストレートに表現することが
 できたので、絵を描きはじめました。

 実家がピアノ教室だったこともあり、音楽の道を考えたこともあるのですが、
 楽譜が読めなかったことと、音楽だと物質として残せないということもあり、
 絵画の道を選びました。

 いつまでも形として残しておける、自分の中での宝物を作りたかったという
 のも絵画を選んだ理由の一つです。


 こだわっていること
  色の見え方が、同じ色でも塗り重ね方や下地の色によって随分と違って
  きます。

  本当に美しい色になるまで、いつも試行錯誤をしながら描いています。

 だ什酘数
  下地が塗ってある状態なら、順調に進めば1日で完成することもありますが、
  ほとんどの場合は最低2日間以上かかります。納得できないと、何年もかかるこ
  とがあります。

 ゲ荳爐亮鑪
  油絵の具で、キャンバスに描いています。

  油絵の具の種類は、マツダスーパー、ヴェルネ、クサカベを使用しています。

 今後どんな作品をかいていきたいですか?
  無駄のない、シンプルで緊張感のある作品を作っていきたいです。


 Г桓身にとってアートとは?
  個々に合った手法を用いて、美を表現することだと考えています。
  その手法とは、絵画であったりパフォーマンスであったり文章であったり、
  もしくは分野に区切らず、普段の生活や生き方の中にも存在します。

 ┷8紊粒萋依縦

   松原 遼 展

日程 2015年10月28日(水)〜2015年11月1日(日)
                 10:00〜17:00

場所 ギャラリーcoma
〒515-2105 三重県 松阪市肥留町 肥留町30?1

--------------------------------------------------------------------------------------------
ラジオLucky2は、PitchFM「市民チャレンジコーナー」の番組の1つです
9月までは、毎週火曜日 午後10時〜11時 
月4回 同じ内容が放送されます


2015年10月から月2回の放送になりますので、お聞きのがしなくー。

 

PitchFM

パソコン・タブレット・スマートフォンでPitch FMが聴けます!

http://838.fm/internetradio/
災害情報アプリ「KATCH&Pitch災害情報」

専用のアプリケーションをApp StoreやGoogle Playからインストールして下さい。アプリケーションは無料です

GALLERY B.BAP  ギャラリー ビー バップ

  • 2015.08.04 Tuesday
  • 22:00

GALLERY B.BAP (ギャラリー ビー バップ) ・・・岡崎市
2015年8月放送 (8/4.11.18.25.)

さて、2015年8月のゲストは3人
写真家 井土英世志さん、彫刻家 尾崎慎さん・洗川一男さん

実は、皆さんそれぞれに作家として活動していらっしゃる傍ら
GALLERY B.BAPの運営陣として活動していらっしゃいます。

アーティストが運営するギャラリーという形は、とても珍しい
形だと思います。

最近は古民家を使った、自由度の高いギャラリーや若手作家の
作品を会員が購入する支援ギャラリー形式など、従来のギャラリー
とは違った動きが出てきている流れの一つかもしれません。

オープニングパーティもとてもフランクで、持ち寄り形式。

今回お話をしてくださった3人の人柄もフランクで、ぜひ一度
立ち寄って見て頂きたいギャラリーだと思います。

10年と活動期間を区切って運営する形式も、潔くておもしろい
と思いました。

2015年GALLERY B.BAP 軽やかに始動中!!

今回出演してくださった方の作品 ピックアップ
井土英世志(写真)
http://www.hideyoshi-ido.com/top.php  井土英世志




尾崎慎(彫刻)
http://blog.goo.ne.jp/tyoukokupaiku  尾崎慎

    


洗川一男(彫刻)


 
GALLERY B.BAPとは?

 会員が運営委員会を組織し、ギャラリーを運営します。

 (会長 井土英世志  副会長  尾崎慎・洗川一男)
 
 展覧会の企画から会場設営・接客・販売までアーティトが中心となって行っていただき、
 ギャラリーはそれをサポートします。
 
 運営費用は会員からの会費によって賄われます。
 
 会費はギャラリーの利用料に当てることができます。

ギャラリーの前身はTHE BLUE BOX GALLERY

ザ・ブルー・ボックスは、ニューヨーク在住していた(岡崎生まれ)太田一朗氏が
愛知県岡崎市で経営していたギャラリー。
 太田氏は、10年ほど前にニューヨーク・ソーホーで、奥さんのふさ子さんと共に
「キャスト・アイロン・ギャラリー」という、有名なギャラリーを経営。
あのデビットボーイ氏も訪れたり、チェッカーズの藤井フミヤ氏が個展をしたところで
日本では話題となったギャラリーです。


 ザ・ブルー・ボックスでは、さまざまな個性溢れるアーティスト達が表現する場所であり、
アートを通じて異分野のアーティスト達が交流を持つ所でもありました。

活動期間を 2015年2月〜2019年10月の10年間に限定しています


ただいま会員募集

 ギャラリー B.BAPでは共に活動してくれる会員を募集しております。

 お問い合わせください。

  愛知県岡崎市朝日町4−98


 ともかく一度ギャラリーに足を運んで雰囲気を確かめてみてください。

 
展示期間・展示料金など

A−Gallery、B−Galleryともに(週5日×2週)を1期として利用できます。

  A−Gallery 6万円/期

 B−Gallery 3万円/期 の利用料がかかります。

 
┷8紊陵縦
毎月、様々なジャンルの作家が国内・海外問わず展示予定
詳しくは、ブログでご覧ください

B・BAPギャラリー
http://gallerybbap.wix.com/bbap#!  「GALLERY B・BAP」

GALLERY  B.BAP  ブログ
http://gallerybbap.seesaa.net/



 

建部 弥希(たてべみき) 洋画 ギャラリーG

  • 2015.07.07 Tuesday
  • 22:24



建部 弥希(たてべみき) 洋画 ギャラリーG
2015年7月放送

7月の放送は建部さんです。
スレンダーで落ち着いた雰囲気の建部さん。とてもお話しやすく
後半、パーソナリティの「たまちゃん」こんな感じで打ち解けて
Vサイン。

「自然現象や風景などをモチーフにし、カラフルな色彩と
シンプルな形で再構築された世界をキャンバスに展開しています」
 これは彼女の個展案内に添えられた言葉。

  心象風景という言葉がするりと当てはまる作品です

建部さんは作家とともに「ギャラリーG」のオーナーさんでもあります。
住宅街の中にあり、落ち着いた雰囲気のギャラリーです。
ギャラリーG
ギャラリーGには作家さんのグッズ販売もあります

若手作家の企画展も!!

作家と教室とギャラリーオーナーと多岐にわたる活動をこなす
彼女にエールを送りたいと思います。

それにしても・・・・
久保田さんといい、洞谷さんといい・・フットワークの良い作家
さんて・・スリムな人が多い・・・

う・・・うらやましい


プロフィール

画歴

2004年 愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 油画専攻修了

◆主な個展

2005−2009 ギャラリー早蕨(名古屋)

2005−2010、2012−2014 K’sGallery(東京・銀座、’12〜京橋)

2011 ShiftCube,文化フォーラム春日井(愛知)

2011−2015 spectrum gallery(大阪)

2014 ドラードギャラリー(東京・早稲田)

◆主なグループ展、コンペ、アートフェアなど

2005−2012 「絵の回路」GalleryG(名古屋)

2006、2007「contemporary young painting Exhibition from Japan」

Zainul Gallery(バングラデシュ)

2006「art in your room vol.5」ギャラリーIDF(名古屋)

2007−2014「未来抽象芸術展」Space ZERO(東京・新宿)

2008−2014「アートセッション」愛知県美術館ギャラリー

2010 「ART AWARD NEXT #1」入選、東京アートフォーラム

2010 「Toyota Art Competition 2010」豊田市美術館

2011 建部弥希×ナカムラミオ2人展「raison d’etre」

ハートフィールドギャラリー(名古屋)

2011 建部弥希×小原聖史2人展「心象ワンダーランド」

ドラードギャラリー(早稲田)

2011 「台日文化交流展」新北市政府ギャラリー(台湾)

2011 「Neu Kunstmarkt Art-Zen」ギャラリーブルーメンインセル(スイス)

2011 「TRANSNATIONAL ART 2011」大阪府立現代美術センター

2012 「Fountian art fair NY 2012」レキシントンアベニュー、(NY、USA)

2013 「ART SANTA FE」サンタフェコンベンションセンター、(USA)

2014 「光鯱の会」松坂屋名古屋店美術画廊

2014 「For Beautiful Human Life vol.2」

ハートフィールドギャラリー(名古屋)

2015 「第13回 NAU21世紀美術連立展」国立新美術館(東京)

その他、多数

作品
旅のキオク

循環する時#22

循環する時#1

たゆたう

現在の活動状況
画家として、名古屋をはじめ東京、大阪などで個展、グループ展で作品発表をしています。今年は6年ぶりに名古屋での個展を開催予定です。
また、土日だけオープンのギャラリー、GalleryGを2004年秋から、家族とともに運営しています。
その他、高校や児童館、カルチャーセンターなどで子供から大人まで幅広い年齢層に絵や子供造形を教えています。

アーティストとして歩みだしたきっかけ
学生の頃に市民ギャラリーを借りて初めての個展をしたり、喫茶店で個展をさせて頂く機会があったりしましたが、その後出会った名古屋のギャラリー早蕨と、東京のK’sGalleryでの個展がアーティストという点で歩み出したきっかけとも言えるかと思います。早蕨さんでは、制作していく上での「自分」と向き合う大切さを鍛えて頂きました。K’sGalleryさんでは、やはり東京という地元ではない土地、また画廊も多く、人口も多いということもあり、発表していく上での展開や、たくさんのアート関係者と出会い、その後の活動へつながっていくきっかけをいただけました。K’sGalleryでは今年も秋に個展を予定しています。

作品作りにこだわっていること
「こだわりすぎないこと」にこだわっている。
(気をつけている、と言った方がいいかもしれませんが)

【追記】2008年に描けない時期があり。描きたいものが無くなってしまったことに加え、それまでこだわってきたこと、例えば筆は使わない、タイトルはカタカナでつける・・・といったことに違和感を覚え始めました。その頃に子供相手の講座を担当するようになり、子供たちがクレヨンを使っているのを見て「楽しそうだな」と。。。そこで作品にクレヨンを使ってみたら楽しくて、封印していた「線」を復活。筆もまた使うようになりました。そういったこだわりだったものも、「足かせ」になってしまったら、それは表現の幅を自分でせまくしているだけだと気づいてからは、本当に自由に描けるようになりました。

●今のこだわりではないけれど、気づけば特徴になっていたのは「色」です。
白と黒の絵具は絵具箱に入っていません。いつの間にかどんどんカラフルになっていき、ここ数年はグレー系の色味も使わなくなっていたので、これも教室の生徒さんにあげました。


制作日数
作品によるけれども、早いと3週間ほど、長いと数か月(以上)
(ただ、油絵具は乾くのが遅いので、1回塗ると2〜3日は触れないので、どうしても日数がかかってしまうという理由もあり。)

画材の種類
キャンバスに描く時は、主に油絵具を使い、一部に水性アルキド樹脂絵具も併用。

今後どんな作品を作っていきたいか
正直返答が難しいです。これまでも自分の気になるものを描いてきたので、この姿勢は変わらないと思います。モチーフはその都度変化していっても、目に見えるもの、見えないものに関わらず、「存在するもの」を自分のフィルターを通して表現していけたらと思います。

自身にとってアートとは
生活の一部、人生の一部。作品を生み出すのはどちらかというと苦しい作業だけれど、絵を描くことで気持ちが落ち着いたり救われることもある。

今後の展示予定
◆第10回 未来抽象芸術展 (第2回から毎年参加)
7月4日(土)〜12日(日)(放送時には開催中)
東京、新宿の全労済会館B1、スペースゼロ

◆瑞穂区美術家展(推薦作家として出品)
7月14日(火)〜20日(月・祝)
名古屋市博物館(最寄り駅:桜山駅)

◆個展「日々のキオク」
7月18日(土)〜26日(日) (21日(火)は休み)
名古屋市東区葵6−7 画廊若林(最寄り駅:新栄駅)
個展案内1

個展案内2

◆小さな絵の展覧会
7月24日(金)〜8月30日(日)
名古屋市東区のギャラリースペースプリズム(最寄り駅:久屋大通駅)

◆個展(K’sGalleryでは10回目)
9月28日(月)〜10月3日(土) 東京、銀座1丁目のK’sGallery

 

長房一洋  彫刻

  • 2015.05.09 Saturday
  • 01:49
長房 一洋(ながふさ かずひろ)・・・彫刻/名古屋市
2015年5月放送

(2015年1月 コンテンポラリー展会場にて撮影・刈谷市)


(2015年4月 PitchFM収録スタジオにて撮影)

5月のゲストは、彫刻家「長房一洋」さんをお迎えしてお話を
伺いました。

長房さんとは、コンテンポラリー展にてお会いしました。
とても気さくで、フットワークの良い方だな、というのが白
たまの第一印象。6月.7月のゲストの方を紹介してくださっ
たり、ギャラリーを紹介してくださったり、とても感感謝で
ございます。

作品はおしゃれでリズミカルるんるん
キスをテーマにした作品が多いように思われますが、軽快で
都会的な香りがします。
そんな長房さんですが今までゲストでお迎えした中で、たぶん
唯一作品のみで生計を建てていらっしゃる方であると思います。

海外放浪のお話や、業界裏話などラジオではお伝え仕切れなかった
お話も数々。長房さんのお話を聴伺っていると、芸術家というのは
山あり谷ありの人生の中で、一つの道を貫くからこそ華が咲くのだな
・・・としみじみ思います。

プロフィール

1954    名古屋に生まれる
1972    旭丘高校美術科卒業

1977    金沢美大彫刻科卒業

1978    日展入選

1980    渡仏
  |      世界各地を放浪しながら制作を続ける

1990    五木の子守唄彫刻展優秀賞

1991    オートバイ世界グランプリ(モトクロス)の

            トロフィー制作
1993    国際赤十字創始者アンリ・デュナンの像制作

1994    イチローの像制作

2000    個展 三越日本橋本店

           ■ 文部大臣賞受賞(三軌展)
2001    損保ジャパンひまわりホールに作品お買い上げ

2003    個展 松坂屋栄本店
           ■ 外務大臣賞受賞(グローバルアーチスト展)

2005    個展 三越新潟店

2008    個展 松坂屋栄本店
流政之氏のブロンズ製作担当
2009 現在 名古屋のアトリエを中心に活動中

2015年 岡崎・平岩美術鋳造で製作

作品

(ヌードの天使)

(NYでキス)

(ジャンピングキス)

現在の活動状況
個展やグループ展で大作の発表。
これは自動車会社のF1レースのようなレースのようなもので、
看板を作るような感じ

お客様の家を回っての展示即売会
いわゆる「風呂敷画商」と言われるようなことで生計を立てています。

銅像作り。大きな会社の何周年記念の行事として作る場合が多い。
こういうお客様がのちのち高価な作品を購入してくれる

アーティストとして歩みだしたきっかけ

近年では流政之氏との出会いが大きかった。ブロンズ製作のお手伝い
をしながら多く学んだ

スタートとしては、美大卒業後、渡欧先のパリでの出来事をきっかけ
にオリジナルを強く意識したとき。
小学生のころから絵は得意で、写生大会では校長室に張り出されたり
するよくいる「上手いやつ」だったが、パリのアートスクールで先生に
「君は上手だが自分がないね。周りをよく見て、少なくともこの部屋の
誰とも似ていない絵を描け」といわれショックを受けた。

日本式の「周りを見ず自分の絵に集中せよ!」とは正反対だった。

独創は自然に生まれないと確信した。

作品作りにこだわっていること

独創性。サインなど見なくても一発で誰の仕事か判る作品作り
を心がけている

製作日数

大きいもので3週間ぐらい。あまり日数をかけないように心がけている。

画材の種類

ブロンズつまり青銅。
最初は粘土で作り、石工や樹脂で型を取り鋳造している

今後どんな作品を作っていきたいか?
幸せになれる美しい作品

ご自身にとってアートとは?

生きる糧。夢中になれるもの

今後の個展、展覧会予定

GAM展


2015年5月13日(水)〜17日(日)
    豊田市民ギャラリー
外務省後援 外国人作家も大勢参加

瑞穂区美術家展
2015年7月14日(火)〜20日(月)
名古屋市博物館
瑞穂区在住のアーティストたちが参加

お話の中から

「プロを目指すには」 


「みんなと同じ作品にならないために」


直訳すると・・・色々な作品と作者を見て、自分でも展覧会などを
企画してみるといい・・・ということかな?
 

加藤 行延 映画「琥珀のような空」

  • 2015.02.03 Tuesday
  • 21:46
加藤 行延(かとうゆきのぶ)・・・・映画監督
2015年2月22日 市民映画「琥珀のような空」公開
2015年2月放送



今回のゲストは、映画「琥珀のような空」監督 加藤行延さんと、映画主演女優
の加藤亜美さん、スタッフの大見博昭さんの3名においでいただき、1時間オール
映画のお話と、みなさんのお話でもりあがりました。
話が盛り上がりすぎて、ディレクタみかんの指示、すっ飛ばしの白たま。
それをハラハラ冷や汗
見ていた監督。おつかれさまでしたー。

加藤監督は一言で言うと「少年のような瞳をした、バイタリティダンディ」
映画にかける情熱が、ビシビシ伝わります

左 加藤監督 右大見さん

主演女優をされた加藤亜美さんは、とってもミステリアス美少女。撮影終了後は、
ばっさり髪を切って、大人っぽい感じでした。つい・・「絵のモデルお願いします」
と叫んでしまった(いや・・ほんとにお願いしたい。無論着衣で)


そして大見さん。新見南吉の下宿先の大家さんで、かつては南吉が住んでいた部屋に
大見さん自身も住んでいらしたとかおてんき歴史感じるねー
今回の皆さんの出演に繋がったのも、大見さんとの繋がりから、そして・・なんと
加藤監督とパーソナリティのたまちゃんが知り合いだったとは!!

でもっというと・・・映画に出演者の役者さん&助監督が、隊長タツヤ君と同じ芝居
に出ていた方だった・・・

いや・・世の中狭い   どこでどー繋がるか判らないものです。

琥珀プロジェクトについて

★2013年7月に南吉映画市民プロジェクトとして発足
映画制作途中、諸事情により 2014年7月に琥珀プロジェクトに名称を変更する。
全くの素人集団であったが、撮影が進むにつれてメンバーが役割を認識するようになる

★加藤行延監督について

映像制作プロダクション経営
中京大学非常勤講師

★琥珀プロジェクトの現在の活動状況

撮影が終了して、2月22日に行う上映会の準備中(会場の手配、パンフレットの作成等) 宣伝活動

★映画制作のきっかけ

南吉生誕100年を記念して

★作品作りでこだわったこと

市民ボランティアスタッフ参加なので、楽しい現場にする

★制作日数

  9ヶ月
(制作風景)




(南下宿先 撮影風景)





★この作品で伝えたいこと

人の繋がり

★今後の作品

娯楽に徹した作品

★映画とは

僕にとっては、今まで観るだけのものでしたが、作るのも面白い!

★今後の活動

加藤監督は、高浜市の映画制作 加藤亜実は大学受験 僕は南吉の下宿先のPR活動

映画「琥珀のような空」上映スケジュールおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき
2015年2月22日(日) 安城上映会 安城市文化センター マツバホール
           第一部 12:30開場  第二部 16:40開場
2015年3月15日(日) 刈谷Vフェス上映会  刈谷市産業振興センター7F
    3月28日(土) 半田上映会 アイプラザ半田  13:00開場

入場無料 皆さんぜひぜひ、ごらんくださーい
おてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

加藤監督はまたラジオにご出演いただく予定
お楽しみに





 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

今月のゲスト

白たま  (シラタマ)

腰がすべり症で、左ひざが捻挫 毎日リハビリじゃーーー ついでに小指も骨折 まじかーー

今日のみかん

只今子育て奮闘中。9ヶ月になったぞ!

今日の玉ちゃん

4年間ありがとー。たまには遊びに来てね

今日のカメ子

たのしもー、じんせいを

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM